一月のまだ雪の残る奥多摩
いつかは行ってみようと心に誓い、中々いくことも出来なかった場所
奥多摩ロープウェイ

今は、時を止め静かに自然と融合使用としている
人口の建築物
其処は圧倒的な大自然の静けさの中では
取るに足らないほど小さな人工物
人の通わなくなった地で、只朽ちていく機械たち
それでもたまに私達のような人は訪れる
廃墟は何故か心を惹かれる・・・
大自然と言う圧倒的な力に徐々にだけど
確実に浸食されていく

かつては対岸への導だった道はもう見えない
渓谷を風が走りぬける音だけが耳に心地良い
空は遠く、なお晴れている
緑は人に優しさを思い出させるのかもしれない
澄み渡った空と自然と人の作った者
全ては自然のままに回帰していく
いつかは私もそうなるだろう
人の居た証は徐々に時の中に埋もれていくのだろう
だが、今其処は存在している
ならば其処をひと時の休憩の場に
時には二人で、背中合わせに・・・
言葉は無くても通じるものはあるよね
人の作った物もいつかは自然へ
錆付いた機械はもう動く機会は無いのだろうか?
いつか又・・・
いつか又ここへ来よう・・・
心が疲れたとき、風の音を聞きに・・・